沖電気、W-OAMに対応したPHS向けベースバンドLSI「ML7257」を商品化 | RBB TODAY

沖電気、W-OAMに対応したPHS向けベースバンドLSI「ML7257」を商品化

ブロードバンド その他

 沖電気工業は22日、高度化PHS通信規格「W-OAM」に対応したPHS用ベースバンドLSI「ML7257」を世界で初めて商品化し、本日発表のウィルコムのW-OAM対応音声端末「WX320K」、「WX220J」、「WX321J」に採用されたと発表した。
  •  沖電気工業は22日、高度化PHS通信規格「W-OAM」に対応したPHS用ベースバンドLSI「ML7257」を世界で初めて商品化し、本日発表のウィルコムのW-OAM対応音声端末「WX320K」、「WX220J」、「WX321J」に採用されたと発表した。
 沖電気工業は22日、高度化PHS通信規格「W-OAM」に対応したPHS用ベースバンドLSI「ML7257」を世界で初めて商品化し、本日発表のウィルコムのW-OAM対応音声端末「WX320K」、「WX220J」、「WX321J」に採用されたと発表した。

 ML7257は、現在W-OAMで規定されている「QPSK」、「BPSK」、「8PSK」の3種類の方式に対応した変復調機能や音声圧縮機能をハードウェアで実現したワンチップ構成のPHS用ベースバンドLSI。従来のDSPを用いたソフトウェア方式と比較して、消費電力を約3分の2に抑えられるのが特徴だ。

 CPUコア部分に高性能、低消費電力、高コード効率を特徴とする「ARM7TDMI」を内蔵するほか、高機能端末向けにアプリケーションプロセッサとのインターフェイス回路やUSBインターフェイス回路を内装する。
《富永ジュン》

特集

page top