マイクロソフト、Office 2008 for Macの発売計画を発表 Intel CPU/PowerPC両対応 | RBB TODAY

マイクロソフト、Office 2008 for Macの発売計画を発表 Intel CPU/PowerPC両対応

IT・デジタル その他

 米マイクロソフトは9日(現地時間)、サンフランシスコで開催中の「Macworld Conference & Expo 2007」において、Mac OS X対応のオフィススイートソフト「Office 2008 for Mac」を2007年後半に発売する計画だと発表した。なお、本製品はPowerPC搭載MacとIntel CPU搭載Macの両方に対応した初のユニバーサルバージョンとなる。

 本バージョンでは、Mac OSユーザーとWindowsユーザー間のコラボレーションの向上に向けて、Windows版Officeとの互換性を最優先課題の1つとしているという。また、2006年12月に規格団体「Ecma International」によって国際規格として承認されたばかりの「Office Open XML Formats」を採用しているのが特徴となっている。

 さらに、Office for Macの開発コンセプトだという「マックファースト、マックオンリー」の各種新機能を引き続き提供するとしている。今回提供される予定の新機能は以下のとおり。

・Publishing Layout View
 デスクトップパブリッシング用のレイアウトツールを起動し、テキストボックスに入力すると、装飾豊かなレイアウト文書(ニュースレター、ちらし、パンフレットなど)を作成可能

・Ledger Sheets
 Excelを使って一般的な財務管理を行うことができる機能。家庭のユーザーや小規模ビジネスのユーザーは、小切手口座の残高管理、口座の確認、投資ポートフォリオの管理などをより簡単に行えるようになった

・My Day
 ほかのアプリケーションを使用中でも、優先事項を確認したり、日々の作業を管理したりすることができる機能。スタンドアロンのアプリケーションであるため、使用する画面のスペースも少なく、Entourageを起動せずにスケジュールやタスクを一目で見ることができるほか、ユーザー設定でカラーコードを付けて、日々の優先事項を視覚的に把握することが可能
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top