丸紅インフォ、劇場の音響を再現できる2.1ch THXスピーカ−システム | RBB TODAY

丸紅インフォ、劇場の音響を再現できる2.1ch THXスピーカ−システム

IT・デジタル その他

MX5021J
  • MX5021J
 丸紅インフォテックは、米ALTEC LANSING Technologiesの2.1chスピーカーシステム「MX5021J」を12月20日に発売する。価格は26,800円。

 MX5021Jは、2サテライト1ウーハーという2.1ch構成のアンプ内蔵スピーカーシステム。劇場の音響を再現するシステムだけに表示が認められる「THX」ロゴマークを取得しており、家庭用としては十分な90Wの総合出力と、30〜22KHzの広い再生周波数レンジにより、重低音から超高域に至るまで非常に高い応答性を誇るとしている。

 サテライトスピーカーは、専用の3インチ軽量硬質ポリプロピレンコーン採用ドライバーと、ディフューザ付き1インチショートホーントゥイーターを使用した2ウェイ構成となっており、広い指向特性を持つのが特徴となっている。

 インターフェースは、入力端子としてスピーカー背面に3.5mmステレオミニジャックを1系統装備するほか、電源・音量・トーンコントロールを手元で行う有線のコントロールポッドを装備。また、コントロールポッドには、ライン補助入力ジャックとヘッドホンジャックを装備するほか、コントロールポッドをワイヤレスで制御可能な赤外線リモコンが付属する。

 スピーカーのシステム仕様は以下のとおり。

●システム仕様
 音圧レベル(SPL):103dB
 連続出力:90W RMS
 −サテライトスピーカー:20W/チャネル
  (インピーダンス負荷6Ω 10% THD 150〜18,000Hz両チャネル入力時)
 −サブウーハー:50W
  (インピーダンス負荷4Ω 10% THD 40〜150Hz入力時)
 再生周波数:30Hz〜22kHz(-10dB)
 信号対雑音比:80dB以上(1KHz入力時)

●サテライトスピーカー部仕様
 使用ドライバー(1サテライトあたり):1インチショートホーントゥイーター×1、3インチフルレンジドライバー×2
 サイズ:幅132×高さ260×奥行き63mm(1サテライトあたり)

●サブウーハー部仕様
 使用ドライバー:6.5インチロングスロウウーハー×1
 サイズ:幅220×高さ398×奥行き310mm
《村上幸治》

特集

page top