ソニーと米サンディスク、転送速度約3倍の「メモリースティックPRO-HG」を共同開発 | RBB TODAY

ソニーと米サンディスク、転送速度約3倍の「メモリースティックPRO-HG」を共同開発

IT・デジタル ノートPC

 ソニーと米サンディスクは11日、メモリースティック PROフォーマットを拡張した新フォーマット「メモリースティック PRO-HG」(プロ エイチジー)を共同開発したと発表した。
  •  ソニーと米サンディスクは11日、メモリースティック PROフォーマットを拡張した新フォーマット「メモリースティック PRO-HG」(プロ エイチジー)を共同開発したと発表した。
 ソニーと米サンディスクは11日、メモリースティック PROフォーマットを拡張した新フォーマット「メモリースティック PRO-HG」(プロ エイチジー)を共同開発したと発表した。なお、同フォーマットは2007年1月に対応機器向けライセンスを開始するとしている。

 メモリースティック PRO-HG(PRO-HG)は、インターフェースをメモリースティック PRO(PRO)の4ビットパラレルインターフェース」から8ビットパラレルインターフェースへ拡張したのに加え、クロック周波数をこれまでの40MHzから60MHzへと向上させたフォーマット。

 これにより、インターフェースの最高転送速度(理論値)がPROと比べ約3倍の480Mビット/秒(60Mバイト/秒)となるほか、最低書き込み速度も8ビットパラレルインターフェース転送時において120Mビット/秒(15Mバイト/秒)を保証するとしている。

 なお、PRO-HGはPROを拡張したフォーマットのため、PRO-HG対応機器ではPRO-HG/PROの両メディアが使用可能。また、PRO-HGメディアは、既存PRO対応機器においてPROメディア扱いとして使用可能となっている。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top