ウェザーニューズ、月額1,250円でインターネット緊急地震速報サービスを開始 | RBB TODAY

ウェザーニューズ、月額1,250円でインターネット緊急地震速報サービスを開始

ブロードバンド その他

通知時のポップアップ画面
  • 通知時のポップアップ画面
 ウェザーニューズは16日、地震の初期微動をとらえて揺れる前に震度と到達時間を知らせる気象庁の「緊急地震速報」を利用したサービス「The Last 10-Second」を開始した。初期費用は無料、月額1,250円。なお、2007年1月末までは試用期間として無料で利用できる。

 The Last 10-Secondは、インターネット回線に接続されたパソコンにインストールした専用アプリケーションに「現在位置」と「通知してほしい震度」、「マグニチュード」などを設定すると、緊急地震速報が発せられた時にパソコンのデスクトップ画面に警告音とともに警告画面が表示されるというもの。警告を携帯電話やパソコンのメールに送信することも可能だ。地震後の各地の詳細な地震状況を確認できるほか、各地の想定震度をもとにした訓練モードも用意されていて、実際に地震が起きた時にどのような状況になるかをシミュレーションして訓練を行うこともできる。
《富永ジュン》

特集

page top