スパイウェア対策ツール「Microsoft Windows Defender」の日本語版がリリース | RBB TODAY

スパイウェア対策ツール「Microsoft Windows Defender」の日本語版がリリース

エンタープライズ その他

 マイクロソフトは13日、スパイウェア対策ソフト「Microsoft Windows Defender」日本語版の無料配布を開始した。

 Windows Defender日本語版は、リアルタイムでのスパイウェアの検出と削除が可能なほか、自動削除や定義ファイルの自動更新、未定義のファイルについてSpyNet上で各員できる機能を備えている。また、ユーザインターフェイスを簡素化したのにくわえ、ユーザ補助機能を搭載して使い勝手を向上させた。

 対応OSは、Windows XP SP2以降、Windows Server 2003 SP1以降。なお、Windows Vistaには標準搭載されている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top