i-revo、ユーザの作品を支援・販売する電子書籍サービスを開始 | RBB TODAY

i-revo、ユーザの作品を支援・販売する電子書籍サービスを開始

エンタメ その他

 ポータルサイトのi-revoは、11月下旬から、ユーザ参加型の新コンテンツ「電子書籍サービス」を開始する。

 新サービスでは、ユーザが電子書籍や漫画、写真集などのデジタルコンテンツを自分で創作・発表し、販売まで行えるようにする。クリエータを育成・支援するのが狙いだ。

 そのため同サイトでは、パソコンで使えるデジタルコンテンツ制作ソフトをウェブ上でユーザに無償提供する。またDRM(著作権保護技術)を搭載した専用ビューアも無料配布する。

 ユーザは作ったコンテンツを、SNS・ブログ機能をもつ同サイトの「i-revoマイポータル」で発表できる。このほか同サイトが各種イベントやコンテストを随時主催し、そこでも作品を募集する。

 2007年には、月額制でユーザ自身が制作したコンテンツを販売できるようにするほか、既存出版物のデジタルコンテンツ化も行う。
《松岡美樹》

関連ニュース

特集

page top