米QUALCOMM、次期「Eudora」からThunderbirdをベースにオープンソース化 | RBB TODAY

米QUALCOMM、次期「Eudora」からThunderbirdをベースにオープンソース化

ブロードバンド その他

 米QUALCOMM社とMozilla Foundationは現地時間11日、電子メールソフト「Eudora」の次期バージョンが、オープンソースの電子メールソフトである「Mozilla Thunderbird」と同じテクノロジープラットフォームをベースにすると発表した。
  •  米QUALCOMM社とMozilla Foundationは現地時間11日、電子メールソフト「Eudora」の次期バージョンが、オープンソースの電子メールソフトである「Mozilla Thunderbird」と同じテクノロジープラットフォームをベースにすると発表した。
 米QUALCOMM社とMozilla Foundationは現地時間11日、電子メールソフト「Eudora」の次期バージョンが、オープンソースの電子メールソフトである「Mozilla Thunderbird」と同じテクノロジープラットフォームをベースにすると発表した。

 また、Eudoraの次期バージョンは無料で提供されるほか、オープンソースでありながら、従来のEudora特有の豊富な機能と、生産性に優れた拡張性を引き継ぐとしている。なお、オープンソース版は2007年前半にリリース予定となっており、オープンソース版がリリースされた時点でEudoraの商用販売は終了される。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top