楽天、事実に反する記事を掲載したと新潮社などを提訴 | RBB TODAY

楽天、事実に反する記事を掲載したと新潮社などを提訴

ブロードバンド その他

 楽天と楽天証券は4日、新潮社などに対して12億6,861万円の損害賠償と、謝罪広告の掲載を求める民事訴訟を東京地方裁判所に提訴したと発表した。週刊新潮の9月7日号に掲載された特集「水面下で捜査が進む『楽天』三木谷社長の『Xデー』」にて名誉を毀損されたというものだ。

 提訴されたのは、新潮社をはじめとして、同社代表取締役の佐藤隆信氏、同社の取締役で週刊新潮の編集・発行人である早川清氏、および同紙記者。

 楽天が名誉を毀損されたと主張する週刊新潮の特集では、楽天の代表取締役会長兼社長である三木谷浩史氏がインサイダー取引や総会屋に対する利益供与を行ったとしている。さらに、東京地検特捜部が捜査を進めており、三木谷氏の逮捕が間近となっている。

 しかし楽天は、この記事は事実に反するとコメント。謝罪広告の掲載などを求めたが、誠意ある対応が見られなかったとしている。さらにこの記事により、楽天の株価が急落したほか、楽天証券においては多額の損害が生じているという。
《安達崇徳》

特集

page top