月1,280で150万曲以上聞き放題〜定額制の音楽配信サービス「ナップスター」今夜開始 | RBB TODAY

月1,280で150万曲以上聞き放題〜定額制の音楽配信サービス「ナップスター」今夜開始

エンタメ 音楽

 タワーレコード・グループのナップスタージャパンは3日夜、定額制の音楽配信サービス「ナップスター」のサービスを開始する。
  •  タワーレコード・グループのナップスタージャパンは3日夜、定額制の音楽配信サービス「ナップスター」のサービスを開始する。
 タワーレコード・グループのナップスタージャパンは3日夜、定額制の音楽配信サービス「ナップスター」のサービスを開始する。

 特徴は、まず音楽配信サービスとしては日本初となるサブスクリプション制も採用していること。サブスクリプション制とは、月額の利用料金を払うことで会員となり、その期間中なら、同制度に対応した楽曲をPC上に無制限にダウンロードして聴くことができるというもの。手違いで楽曲データを削除してしまった場合なども安心できるというわけである。

 同制度に対応した楽曲数は150万曲以上(うち約2万曲が邦楽)にものぼり、発展途上の実験的なサービスではなく、最初から実用的なものになっている。また、従来型の曲単位またはアルバム単位で楽曲を購入するサービスも用意されており、こちらは160万曲以上(うち約9万曲が邦楽)を用意。音楽配信サービスとしては国内最大級となっている。

 また、同サービスへ楽曲を提供するレコード会社および音源提供会社は、開始時点で276社(レーベル数は数千)。スタートキャンペーンとして、AI(ユニバーサルミュージック)の全曲配信や、LOVE PSYCHEDELICO(ビクターエンタテインメント)のオリジナル・アルバム全楽曲配信が実施されているが、これらの会社のように今後は国内の会社もさらに増えていくとのことである。

 利用方法は、ナップスターのサイトへアクセスし、まずは専用のナップスターアプリ(無料)をダウンロード(対応OSはWindows2000およびXP)。あとは、画面の指示に従って必要な情報を入力するという手軽なものになっている。また、ナップスターに対応した機器だが、Windows Media Technologyの一機能である著作権保護、管理技術のWindows Media Digital Rights Management 10(DRM10)for Portable Devicesに対応したポータブルプレイヤーまたは携帯電話端末ということになる。条件を満たした機器になら、3台まで転送することが可能だ。

 そのほか、グループの強みを利用して、タワーレコード各店舗とのタイアップキャンペーンなども行われる。現在は、全国のタワーレコード店頭にてフリートライアルキャンペーンを実施中だ。さらに、タワーレコードが長年培ってきた音楽に関する多種多様な情報や、ノウハウを活用した日本独自の音楽情報プログラムなども提供されるとのことである。なお同社では、3年間で100万人の会員獲得と、半年後に月間ダウンロード数100万を達成することを事業目標として掲げている。

◆ナップスターのサービス一覧
・Napster Basic(ナップスター・ベーシック):月額1,280円
 会員期間中は、サブスクリプション対応楽曲を無制限にPCにダウンロード可能。

・Napster To Go(ナップスター・トゥー・ゴー):月額1,980円
 PCからナップスター対応のポータブルプレイヤーや携帯電話へ楽曲を転送可能(3台まで)

・Napster a la carte(ナップスター・アラカルト)
 楽曲を曲単位またはアルバム単位で購入が可能。1曲100〜300円、最多価格帯で洋楽が150円、邦楽が200円

※ 料金はいずれも税込み。
《デイビー日高》

関連ニュース

特集

page top