東芝、片面でHD DVDとDVDの両フォーマットが再生できる「3層ツインフォーマットディスク」を開発 | RBB TODAY

東芝、片面でHD DVDとDVDの両フォーマットが再生できる「3層ツインフォーマットディスク」を開発

 東芝とメモリーテックは11日、ディスクの片面から「HD DVD」と「DVD」の両フォーマットを再生できる「3層再生専用ディスク(ROMディスク)」を共同開発したと発表した。

IT・デジタル レコーダー
 東芝とメモリーテックは11日、ディスクの片面から「HD DVD」と「DVD」の両フォーマットを再生できる「3層再生専用ディスク(ROMディスク)」を共同開発したと発表した。

 本ディスクは、1枚のディスクに2層のHD DVD(30Gバイト)と、1層のDVD(4.7Gバイト)が形成された3層構造のツインフォーマットディスク。さらに、今回開発された技術を用いることで、1枚のディスクに2層のDVD(8.5Gバイト)と、1層のHD DVD(15Gバイト)を形成することも可能だとしている。

 この3層ディスクは現在量産している「HD DVD製造ライン」(2層HD DVDおよび2層構造のツインフォーマット用)に対し、若干の装置とプロセスを追加することで製造可能だという。このため、同一製造ラインで従来の2層構造ディスクと今回開発された3層構造ツインフォーマットディスクを製造でき、3層ツインフォーマットの早期市場導入が可能だと両社は見ている。

 なお、今回開発された3層構造のツインフォーマットディスクのDVD層は、従来のDVD規格に適合しているため、一般的なDVDプレーヤーでそのまま再生可能となっている。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top