ドコモ、FOMAの留守番電話サービスで映像メッセージを蓄積可能に | RBB TODAY

ドコモ、FOMAの留守番電話サービスで映像メッセージを蓄積可能に

ブロードバンド その他

 NTTドコモグループ9社は、FOMAの「留守番電話サービス」を強化し、テレビ電話を利用した映像メッセージを留守番電話サービスセンターで預かるサービスを9月20日から全国で一斉に開始する。

 テレビ電話で映像メッセージを送信する場合は、留守番電話サービスセンターにつながると映像メッセージ作成画面に切り替わるので、映像メッセージを作成して保存する。留守番電話サービスセンターに映像メッセージが蓄積された場合は、SMSメールによって通知が行われ、テレビ電話で1417に発信することで映像メッセージの内容を確認できる。

 FOMAで留守番電話サービスを契約しているユーザーなら誰でも利用できる。ただし、「D702iBCL」、「prosolidII」の2機種は代替画像として蓄積されるほか、「N600i」、「L600i」、「NM850iG」、「M2501」、「P2101V」、「P2402」、「P2403」、「D2101V」、「T2101V」、「SH2101V」、「F2402」、「D880SS」、「P2002」、「P2401」、「F2051」、「F2611」、「N2001」、「N2002」、「N2051」、「N2701」の20機種では同サービスは利用できない。
《富永ジュン》

特集

page top