ブログを活用した全国規模のインターネット防災訓練がスタート | RBB TODAY

ブログを活用した全国規模のインターネット防災訓練がスタート

エンタメ その他

 ニフティとレスキューナウは、大規模災害を想定した全国規模のインターネット防災訓練「ネット防災訓練2006」を開始した。@niftyのブログサービス「ココログ」を活用し、災害時の情報収集・集約のシミュレーションを行う。

 まずは、8月29日(火)12時〜16時に事前訓練を行い、続いて防災の日の9月1日(金)の12時より翌9月2日(土)12時に本訓練を実施する。

 「ネット防災訓練2006」では、全国を「北海道・東北」「関東・中部・北陸」「西日本」の3つのブロックに分けて、あらかじめ想定された災害事象についてレスキューナウが、複数回にわたり掲示板の上部に訓練用災害状況の掲示を行う。参加者はその情報をもとに、各ブロックごとに設置されたココログのメール投稿機能を活用して、パソコンもしくは携帯電話から想定した被害状況を投稿。レスキューナウが情報を集約・確認し、定期的に想定被害状況を公開していく。

 さらに、コメントやトラックバックというブログの特性を生かし、参加者同士のコミュニケーションによる情報共有の可能性についても追求していくという。

 ニフティとレスキューナウは、今回の取り組みを通じて、「インターネットの利点を活かして地域のきめ細かな情報を積み上げることで、より有益な情報配信が可能となり、また、その情報が現地の被害を回避・軽減するために有効となることを実証し、災害時の被害状況収集のスタンダードサービスとして社会に認められることを目指す」としている。
《編集部》

関連ニュース

特集

page top