ボーズ、オンイヤー型のノイズキャンセリングヘッドホン「QuietComfort3」 | RBB TODAY

ボーズ、オンイヤー型のノイズキャンセリングヘッドホン「QuietComfort3」

IT・デジタル その他

QuietComfort3
  • QuietComfort3
 ボーズは、ノイズキャンセリングヘッドホン「QuietComfort」シリーズの新ラインアップとして、軽量コンパクトなオンイヤー(耳載せ)タイプ「QuietComfort3」を10月2日に発売する。価格は47,250円。取り扱いは、同社の直営店およびWeb直販サイトのみ。なお、9月1日から先行予約を受け付ける。

 耳を覆わない耳載せタイプのヘッドホンは、持ち運びやファッション性の面で支持されている。だが、ノイズキャンセリングヘッドホンとしては、耳を完全に覆う密閉型のヘッドホンに比較すると同等レベルの消音性能、音質、快適性を実現することは、技術的に大変困難だったという。

 QuietComfort3は、電気的な消音(アクティブノイズキャンセリング)帯域を拡大しているのが特徴。これは、低音域のみだった従来のアクティブノイズキャンセリングを、中高音域まで拡大することで、オンイヤータイプでも高い消音性能を実現しているという。アクティブノイズキャンセリングとは、マイクが騒音をモニターし、騒音と逆位相の音波を送り出すことで騒音を打ち消す技術のこと。

 イヤークッションは、通常のヘッドバンドをバネにして耳を圧迫する方式ではなく、独自に開発したもので密着度を維持しつつも快適な装着感を追求している。さらに、電子回路の小型集積化など、同社の最新技術により、その性能を犠牲にすることなく小型軽量化に成功したという。

 本体サイズは、重さは150g。電源には充電式の専用リチウムイオンバッテリーを採用し、バッテリー寿命は約20時間としている。
《高柳政弘》

特集

page top