ソフォス、ルートキットを検知し駆除する無償ツール「Sophos Anti-Rootkit」を提供 | RBB TODAY

ソフォス、ルートキットを検知し駆除する無償ツール「Sophos Anti-Rootkit」を提供

エンタープライズ その他

 ソフォスは、ルートキットを検知し駆除する「Sophos Anti-Rootkit (ソフォス アンチ ルートキット)」を開発し、本日よりソフォスのWebサイトにて無償提供を開始した。

 ルートキットとは、第三者(不正な侵入者など)がコンピュータにハッキングした後に使用するソフトウェアツールをまとめたパッケージのことを指す。悪意のあるソフトウェアによって作成された実行プロセスやファイルまたはシステムデータを隠し、セキュリティソフトによって検知されることを回避する。

 Sophos Anti-Rootkitは、簡単なGUIで、検知したルートキットや必要な対策の情報を提供し、既知および未知のルートキットを検知、駆除するツールだ。Windows NT/2000/XP/2003に対応し、ソフォスのウイルス対策ソフト「Sophos Anti-Virus」のほか、他社のウイルス対策ソフトと同時にインストールし、使用できる。またルートキットを削除することがOSの効率や完全性に影響を及ぼす可能性がある場合、その旨を警告する。

 主要ウイルス対策ソフトは、それ自身がインストールされた後にPCに侵入したルートキットを検知、駆除することはできるが、インストール前にPCに侵入していたルートキットを検知することは困難。ソフォスはSophos Anti-Rootkitの提供により、OSのローレベルでの検索を行ってルートキットを検知し、未知のルートキットもプロアクティブに阻止するとしている。

 Sophos Anti-Rootkitは、ソフォスのWebサイトからダウンロードできる。
《小笠原陽介》

関連ニュース

特集

page top