【新米モバイル編集者 みおみお日記(第2回)】嗚呼、お父さん、お母さん…、こんなお仕事でお金をもらっています | RBB TODAY

【新米モバイル編集者 みおみお日記(第2回)】嗚呼、お父さん、お母さん…、こんなお仕事でお金をもらっています

ブロードバンド その他

およそ一週間とちょっとぶりのみおみおです。
友人に期待通りの「きもっ!!」的反応をいただけて、笑いに救いを見出せました。
負けません。

夏休みも残りわずかですねー
ってか、RBB TODAYの夏休みはもう終わってるんですけどね
けっ

はい、では今日のお仕事です。
まず公衆無線LAN接続サービスdokoyo.idのおさらいです。

dokoyo.idには、月額基本料金210円dokoyo.id(powered by ワイヤレスゲート)と月額基本料金980円のdokoyo.id(powered by ワイヤレスゲート VPN付き)の2種類があります。どちらも無線LAN接続サービスの利用は、1日299円の都度課金で、その日の24時までどのアクセスポイントを使っても料金は同じです。なお、月額基本料金が980円のコースは、同一ID・パスワードで公衆VPNが利用できます詳しくは、こちらを見てもらえばわかるんだけど……

はい、お仕事終了。

今日はいきなり編集部から、
横浜中華街まで遊びに行って来いとのお達し。

え、遊んできていいんですか?
がっつり食って遊んで買い物してきますよ?
はぁ、編集長権限でOKっすか。
代わりにノートPCを持って行け、って…

何故?

…っていうのはとっても見え透いていて、
敢えてツッコミたくないところです。

人生を楽しむコツは、怪しいものには触れない。怪しい指令は忘れる。
取材費で中華街楽しめるのならそれでいいじゃないか!
と、自分を頑張って励まして
いざ中華街!

夏休みだけど中華街はほどよい人出。
平日というのもありましょう。
歩きやすく、かといって閑散としているわけでもなく
にぎやかで楽しげな雰囲気はとても観光にはうってつけの状態。


大人がやっと抱えられるような豚の置物とか
弁髪の怪しい仮面も、ひとえに中華街名物です。
ウィンドウに飾られる脂ぎった豚足も、夏の日差しに照らされて
ピカピカ輝いています。なんてキレイ。
三国志で有名な関羽がまつられてるという関帝廟にもお参りに行ってきましたよ。
中国史なら「項羽と劉邦」時代がトキメキですが
関羽もあの三人なら一番好きさ!
私の好みはどうでもいい?
さいですか。

関帝廟では、長い線香を5つのお社に順に備えていくのが正しい参拝の方法だとか。
映画の『幽玄道士』でみたような光景に感激。
5つのお社にはそれぞれに
国泰平安・商売繁盛・健康・縁談・金運
の意味あいがこめられてるとのこと。

金運金運金運!!

RBBTODAYの商売繁盛も祈った、と一応記載しておこう。


小腹がすいたので近くの屋台でゴマ団子を購入。
そういえば、この屋台のお姉さん、中国の人かと思いきや、韓国の言葉も話してました。
中華街っていってもいろんな方がいらっしゃるんですねぇ。
西洋風の方々がTVの撮影もしてるようでしたが
あれはなんだったのか。
(カメラマン注:MTVとマイクに書いてあったろ!)

嗚呼、お父さん、お母さん。
みおはこんなお仕事でお金をもらっています。

チャーシューまんにかぶりついてたところへ編集部から予定調和のお電話。
「近くのAPを調べて記事登録ヨロシク。あっ、ゴマ団子も忘れないでねっ」
ぷつ、ぷーぷーぷー。

まぁ…そういうことですよね。
ただの観光に何の意味もないですもんね…
なら最初からいえばいいじゃないすか!
相変わらず編集部にもてあそばれてるのを実感しながら
dokoyo.jpで近くのAPを探してみた。

…んがっ
ホテルとか高そうなレストランとかルノワールとか…
中華街内では気軽に使えそうなところはほとんど検索かかんないの。
中国はIT化が進んでるのにっ
ここはまだまだなのかっ!

ここで、AP検索と会員登録などを紹介しときましょ

 

その他詳細についてはこちらを参照

結局、山下公園まで移動することになりました。

どうせだから氷川丸撮っちゃえ。
いつかあそこで船上ディナーをするのが夢です。
夜の花火の時期ならなお結構。
さっきの中華街で手相を見てもらった折、
「どんな仕事でも自己努力と周りの助けで大抵うまくいく」と
言ってもらえた勢いで、がつがつ稼ぐのがよろしいのかしら。
この取材も大分美味しいんだよな、と思いつつ、ここでもう一度AP検索。

公園前のマックドナルドがAPになっているようですよ

さっそくノートPCを使って接続。
ここはヤフーBBモバイルが使用可能。
dokoyo.idで取得したESSIDとWEP(ネットワークキー)を入力

ちなみに、あっつい中歩いてきた大の男二人に、
あまいカフェオレを頼んだ所為で二人ともちょっと苦い顔。
うへへ。
まだまだお子様な私は
現実の黒い闇をミルクと砂糖で包み隠して、あおるのさ。

無事マックから「接続→記事登録作業」は済ませられたましよ。
外なのに、家にいるのと対して変わらないスピード。
※外から会社の登録ページに入るのは不安だったので、dokoyo.id(powered by ワイヤレスゲート VPN付き)の会員になって、VPN接続しました!
すごい。素で便利だと思った。

でも、このまま帰るのもったいない…(へへっ)
《RBB TODAY》

特集

page top