ソニー、サムスン電子と世界最大級の液晶パネル生産ライン敷設に向けた本契約を締結 | RBB TODAY

ソニー、サムスン電子と世界最大級の液晶パネル生産ライン敷設に向けた本契約を締結

IT・デジタル テレビ

 ソニーは14日、韓国に本社を持つサムスン電子と両社合弁で設立した「S-LCD株式会社」(韓国忠清南道湯井)において、第8世代アモルファスTFT液晶ディスプレイパネルの製造ラインを共同で敷設するための本契約を締結した、と発表した。

 この本契約により、現在のところ第7世代アモルファスTFT液晶ディスプレイパネルが製造されているS-LCDにおいて、新たに第8世代アモルファスTFT液晶ディスプレイパネル(ガラス基板サイズ:約2,200mm×2,500mm)製造ラインが敷設されることになる。

 なお、第7世代の場合、ガラス基板1枚から最大46型パネルまでしか効率的に切り出せないが(例:46型6枚、40型8枚、32型12枚)、第8世代では最大50型クラスのパネルが切り出せる(例:50型クラス6枚、46型8枚)。そのため、今後ますます拡大が予想される50型クラスの液晶テレビ市場に向けた大型液晶パネルの生産を拡大できる、と両社ではしている。

 投資額は、両社合わせておよそ19億米ドル(1.8兆ウォン、約2,000億円。土地造成および建屋分含まず)と想定されており、両社で折半するとしている。また、量産稼動は2007年秋を目標としており、生産能力はガラス基板ベースで5万枚/月を予定しているという。
《村上幸治》

特集

page top