W-SIMがバージョンアップ。W-ZERO3[es]でパケット通信中の音声着信可能に | RBB TODAY

W-SIMがバージョンアップ。W-ZERO3[es]でパケット通信中の音声着信可能に

ブロードバンド その他

 ネットインデックスは、ウィルコム向けに発売しているW-SIM(RX410IN)の性能向上を図るため、バージョンアップソフトウェアを7月13日よりネットインデックスのホームページ上で公開した。

 W-SIM(RX410IN)はPHS通信機能を搭載し、電話帳などのユーザーデータを併せ持つ汎用性のある多機能通信モジュール。2005年11月に発売され、WILLCOM SIM STYLE製品に取り付けて利用できる。

 今回、従来の機能はそのままに、新たに2つの機能を追加した。ただし、追加機能を利用するためには、追加機能に対応したWILLCOM SIM STYLEが必要となる。

 追加機能の1つは、nico.(WS005IN)におけるEメール機能での、エッジeメールへの対応。ただしTT(WS001IN)にバージョンアップしたW-SIMを挿入してもEメール機能は利用できない。

 もう1つは、W-ZERO3[es](WS007SH)において、パケット通信中の音声着信に対応したことだ。こちらも、W-ZERO3(WS003SH、WS004SH)にバージョンアップしたW-SIMを挿入しても、パケット通信中の音声着信には対応できない。

 バージョンアップを行うためには、DD(WS002IN)またはW-ZERO3(WS003SH、WS004SH)が必要となる。これらの機器を持っていない場合は、センドバック(同社への送付)による有償バージョンアップも可能。
《小笠原陽介》

特集

page top