ソニー・エリクソン、ウォークマン携帯電話などが好調で増収増益 | RBB TODAY

ソニー・エリクソン、ウォークマン携帯電話などが好調で増収増益

ブロードバンド その他

 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズは、2006年第2四半期(4月〜6月)の連結決算を発表した。売上は22.72億ユーロ、税引き前利益は2.11億ユーロ、当期純利益は1.43億ユーロとなった。

 携帯電話の販売が好調で、今決算期における販売台数は1,570万台で、前年同期の1,180万台よりも増加している。特に順調なのは、ウォークマンとサイバーショットのブランドの携帯電話だ。日本では「W42S」を投入。さらに、欧州では320万画素のCCDを搭載したサイバーショットブランドの「K800」も販売。こちらも好調だ。
《安達崇徳》

特集

page top