ホットスポット、IEEE802.11aの新チャネルを使用したサービスを試験的に提供 | RBB TODAY

ホットスポット、IEEE802.11aの新チャネルを使用したサービスを試験的に提供

ブロードバンド その他

 ホットスポットは、IEEE802.11aの新チャネルを使用したサービスへの本格移行に先立ち、7月4日から、特定のエリアで試験的に新チャネルでのサービスを提供すると発表した。

 これは、電波法施行規則等の一部改正(平成17年5月16日)によって、IEEE802.11aで使用するチャネルが欧米各国と共通の36/40/44/48/52/56/60/64ch(W52/W53)に変更されたもの。ホットスポットは新チャネルを使用したサービスへの移行を計画している。

 なお、2005年秋以降に発売された11a対応無線LAN機器のほとんどは新チャネルに対応しており、また2005年秋以前の製品であっても、製造メーカー等で新チャネル対応にできるソフトウェアを提供している場合がある。

 対象エリアは以下のとおり。提供開始日は2006年7月4日。なお、同エリアでは、IEEE802.11g/bのサービスもあわせて提供される。

■千葉県
●メイプルイン幕張 1Fロビー・レストラン、本館2Fロビー・会議室(2002、2003、2005)
《小笠原陽介》

関連ニュース

特集

page top