東芝、音楽プレーヤーとしても使える「ぱらちゃんUSBメモリ」の単品販売を開始 | RBB TODAY

東芝、音楽プレーヤーとしても使える「ぱらちゃんUSBメモリ」の単品販売を開始

 東芝は19日、同社ノートPCにプリインストールされているデスクトップアクセサリソフトのオリジナルキャラクター「ぱらちゃん」をかたどったUSBフラッシュメモリ「音楽再生機能付 ぱらちゃんUSBメモリ」の単品販売を開始した。

IT・デジタル ノートPC
 東芝は19日、同社ノートPCにプリインストールされているデスクトップアクセサリソフトのオリジナルキャラクター「ぱらちゃん」をかたどったUSBフラッシュメモリ「音楽再生機能付 ぱらちゃんUSBメモリ」の単品販売を開始した。
  •  東芝は19日、同社ノートPCにプリインストールされているデスクトップアクセサリソフトのオリジナルキャラクター「ぱらちゃん」をかたどったUSBフラッシュメモリ「音楽再生機能付 ぱらちゃんUSBメモリ」の単品販売を開始した。
 東芝は19日、同社ノートPCにプリインストールされているデスクトップアクセサリソフトのオリジナルキャラクター「ぱらちゃん」をかたどったUSBフラッシュメモリ「音楽再生機能付 ぱらちゃんUSBメモリ(512MB)」の単品販売を開始した。価格はオープンで、直販サイト「東芝ダイレクトPC by Shop1048」での販売価格は12,800円。

 本製品は、同社の個人向けノートPC「dynabook CX/855LS」にのみ同梱されていたものだが、他ユーザーなどからの要望に応える形で単品販売されることになったという。

 512MバイトのUSBフラッシュメモリとして使えるのに加え、WMA形式およびMP3形式の音楽ファイルが再生できるプレーヤーとしても利用できるのが特徴。電源はUSBから充電でき、約10時間の連続再生が可能となっている。サイズは幅50×高さ30×長さ76mm、重さは約40g。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top