シマンテック、Symantec Mail Security for Exchangeの最新バージョンを発表 | RBB TODAY

シマンテック、Symantec Mail Security for Exchangeの最新バージョンを発表

エンタープライズ その他
 シマンテックは6日、「Symantec Mail Security for Microsoft Exchange」の最新バージョンとなる「Symantec Mail Security 5.0 for Microsoft Exchange」を発表した。6月19日(月)より発売される。新バージョンでは、電子メールを対象とした統合型のセキュリティ機能が拡張され、スパイウェアやアドウェアの検出機能が導入されたほか、フィルタリングポリシー機能やレポート機能の柔軟性が向上した。

 Symantec Mail Security 5.0 for Microsoft Exchangeでは、米国SOX法(Sarbanes-Oxley)や医療保険の総合運用性と説明責任に関する法律(HIPAA)などの規制を遵守するため、ポリシーエンフォースメント機能が強化されている。

 主な強化ポイントとしては、特定のユーザやグループのみを対象としてルールを割り当てられる機能や、例外を含むグローバルなルールを作成できる機能、さらにMicrosoft Office文書、Adobe Acrobat、テキスト、RTF、データベースファイルなど、300種類以上のファイルを網羅した添付ファイルのコンテンツスキャン機能、カスタムルールの作成プロセスが簡素化されるSimplified Content Rule Interfaceなどが挙げられる。これら新機能により、政府の規制や社内のポリシーの施行プロセスが容易になるという。

 新バージョンの、もう一つの大きな特色となる新機能は、集中管理機能だ。これは、サーバーとコンソールのユーザーインタフェースを統合することで、サーバーの表示とグループの表示が同じインタフェースで提供され、両者の切り換えが容易になるというもの。その他、Exchange Serverを手作業で追加するのではなく、Active Directoryの情報を活用するExchange Serverの自動発見機能も特色となっている。管理者はこの機能を使用することで、新しいサーバを迅速に追加してコンソール内で管理できるとともに、論理グループの容易な作成手段を提供することができる。

 また、Symantec Mail Security 5.0 for Microsoft Exchangeには、シマンテックのアンチウイルス機能が組み込まれている。定義ファイルのリリースも迅速で、約1時間ごとに更新されるため、新たな脅威からも保護できるとしている。シマンテックのNAVEXアンチウイルス技術は、スキャンエンジンと定義ファイルの両方をLiveUpdate経由で更新できる上、再起動を行ったり、関連サービスを停止させたりする必要がない。また、スパイウェアやアドウェアなどのセキュリティリスクに対する保護も拡大されている。セキュリティリスクの検出にあたっては、ファイル削除、メッセージ削除、検疫、ログのみなど、それぞれ個別の処置を行うことができる。

 レポート機能も強化され、IT管理者の経営層に対するソリューション全体の効果に関する報告業務が容易になる。従来型のレポートツールに加えて、Auto-Generated Summary Reportsが追加されており、1つのExchange上で行われたすべての活動をまとめたレポートを作成し、指定された受信者に自動的に電子メールで送信できる。また、図表やグラフを含むグラフィカルなレポートを生成して、組織内でのウイルス、フィルタリング、スパムなどの活動状況を明確に示すことも可能だという。

 Symantec Mail Security 5.0 for Microsoft Exchangeは、シマンテックのリセラー、ディストリビューター、システムインテグレータの国内のネットワークを通じて、6月19日(月)より発売される。ライセンス価格ならびに販売店情報はシマンテックのWebページから参照できる。
《小笠原陽介》

関連ニュース

特集

page top