イーステーション、成人向け作品の供給業者としてハイビジョンVODサービスに参入 | RBB TODAY

イーステーション、成人向け作品の供給業者としてハイビジョンVODサービスに参入

 アダルトコンテンツのアグリゲータ(中間業者)であるイーステーションは、オンデマンドTVに対して、ハイビジョンコンテンツの供給を行うことを決定した。「ハイビジョンアダルトVOD(仮)」として7月上旬より配信を開始する。

ブロードバンド その他
イーステーションがアグリゲータ(中間業者)として各社の作品を事業者に提供する
  • イーステーションがアグリゲータ(中間業者)として各社の作品を事業者に提供する
  • オンデマンドTVはVOD配信事業者として作品を配信する
  • ハイビジョンVODサービス開始
  • MAXING、GLAYz、V&R、SODなど国内有数メーカーが初期より参加
  • 記者発表会の進行は、蒼井そら(右)と元ギリギリガールズの荒井美恵子(中央)
  • 若菜ひかる(左)、みひろ(中央)、小沢菜穂(右)など、現役タレントも発表会に駆けつけた
  • 参加者全員で「オンデマンド、ティービー!」の掛け声で気合いを入れた
  • 左から、宮路ナオミ、水元ゆうな、若菜ひかる、みひろ、小沢菜穂、早坂ひとみ。MAXINGレーベルで作品配信される
 アダルトコンテンツのアグリゲータ(中間業者)であるイーステーションは、オンデマンドTVに対して、ハイビジョンコンテンツの供給を行うことを決定した。「ハイビジョンアダルトVOD(仮)」として7月上旬より配信を開始する。

 イーステーションは、SKYPerfecTV!で「ミッドナイト・ブルー」「フラミンゴ 903」「スプラッシュ」の成人向け3チャンネルの配信などを行ってきたが、ハイビジョン品質の成人向け作品の提供は国内初となる。オンデマンドTVでは4月15日より加入者に向けて「ハイビジョン先取り体験キャンペーン」を展開し、7月上旬より全会員に向けてサービス提供を開始する予定。今回のコンテンツ供給はそれに合わせたものとなる。

 6月5日に都内で行われた記者発表会では、顧客のニーズに応える形で今回のサービスに踏み切った経緯が明らかにされた。さらにサービス概要がプレゼンテーションされた後、初期参加メーカーが発表された。専門レーベルとなるMAXINGをはじめ、GLAYz、EXfactor、V&Rプランニング、カルチャークラブ、STUDIO SOUL、e-muse、ソフトオンデマンドと、国内有数メーカーが参加して8ブランドでのスタートとなる。

 そして出演タレントたちが水着姿で登場して、発表に華を沿えた。司会進行の蒼井そらと荒井美恵子(元ギリギリガールズ)の紹介の後、宮路ナオミ、水元ゆうな、若菜ひかる、みひろ、小沢菜穂、早坂ひとみ、そして範田紗々が次々に舞台でポーズ(吉沢明歩はビデオメッセージのみ)。そのままトークショーとなった。「オンデマンド」や「ハイビジョン」といった単語にはあまり馴染みがない、との話だったが、「毛穴まで映っちゃうって聞いて、今日はお肌を整えてきました(笑)」といった裏話も飛び出して、これから始まる「ハイビジョンアダルトVOD」に興味津々といった雰囲気だった。

 実際のコンテンツについては各社制作中のようで、会場でハイビジョン品質の作品を確認することはできなかったが、次世代のハイビジョンVODを支えるコンテンツ群の柱として、やはりアダルトもかかせない部分。さまざまなAV機器はアダルトを背景に普及してきた、というのはやはり見逃せない側面だ。そういう意味からイーステーションの試みに期待したい。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top