パイオニア、USBメモリからのMP3再生にも対応したAVマルチチャンネルアンプ | RBB TODAY

パイオニア、USBメモリからのMP3再生にも対応したAVマルチチャンネルアンプ

IT・デジタル その他
 パイオニアは、USB入力端子を装備し、USBメモリに収録したMP3などの音声圧縮ファイルの再生が可能なAVマルチチャンネルアンプ「VSX-516」を6月上旬から発売すると発表した。価格は49,500円。

 本製品は、フロントパネルにUSB入力端子(TypeA、Ver.1.1)を装備し、USBメモリやUSB対応の携帯音楽プレイヤーを差し込み、それらに収録されている音声圧縮データファイルを再生することができる。再生可能な音声圧縮ファイルは、WMA、MP3、MPEG-4 AAC(いずれもDRM非対応)。

 また、独自アルゴリズムを使ったDSP処理により音声ファイル圧縮時に失われたデータを補正する「サウンドレトリバー」機能を搭載し、ソースが本来持っていた音の厚みや奥行き感を高音質で再現可能だという。

 サラウンドシステムには、サラウンドデコーダー「Windows Media Audio 9 Professional(WMA9 Pro)」をはじめ、ドルビーデジタルやDTSのほかにも、2chおよび5.1chの音声ソースを7.1chまたは6.1chで再現する「ドルビープロロジックx」や、BSデジタル放送の映画・音楽・スポーツなどの番組がハイクオリティな5.1ch音声で楽しめる「MPEG-2 AAC」デコーダーにも対応する。また、正確なマルチチャンネル再生環境を構築するのに便利な、自動音場補正システム「オートMCACC」も装備している。

 アンプ部の出力には、全チャンネル同一設計のハイパワーアンプ100W×6ch。192kHz/24bitのDAコンバーターを全チャンネルに採用する。

 その他の特長として、720Pに対応した入力2系統/出力1系統のD4映像入出力端子、DVDオーディオやSACDなどのマルチチャンネルオーディオと接続可能な5.1ch入力端子、局名表示も可能な30局プリセット機能付きFM/AM チューナーなどを装備する。また、待機時消費電力0.45Wの低消費電力も実現した。
《竹内充彦》

特集

page top