シャープ、リモコン操作でインターネットやブロードバンド放送が楽しめるPCテレビ「インターネットAQUOS」 | RBB TODAY

シャープ、リモコン操作でインターネットやブロードバンド放送が楽しめるPCテレビ「インターネットAQUOS」

IT・デジタル ノートPC

インターネットAQUOS 37V型ハイビジョン録画タイプ(テレビ部:LD-37SP1、PC部:PC-AX100M)
  • インターネットAQUOS 37V型ハイビジョン録画タイプ(テレビ部:LD-37SP1、PC部:PC-AX100M)
 シャープは、液晶テレビ「AQUOS」シリーズの新ラインアップとして、デジタルハイビジョン放送を高画質で視聴でき、リモコンだけでインターネットやブロードバンド放送も楽しめる「インターネットAQUOS」を5月下旬に発売する。

 ラインアップは、37V型(LD-37SP1)・32V型(LD-32SP1)のテレビ部2機種と、ハイビジョン録画タイプ(PC-AX100M)・地上アナログ録画タイプ(PC-AX50M)のPC部2機種をそれぞれ組み合わせた計4タイプを用意する。価格はすべてオープン。実売予想価格は、37V型ハイビジョン録画タイプが55万円前後、37V型地上アナログ録画タイプおよび32V型ハイビジョン録画タイプが45万円前後、32V型地上アナログ録画タイプが35万円前後。

 インターネットAQUOSは、同シリーズとしては初めてPC機能を融合しており、高画質でハイビジョン放送が視聴できるのはもちろん、リモコン操作で視聴中のテレビ番組のホームページをすばやく表示し、番組に関連した商品をその場でインターネット購入できるなど、テレビの新しい用途を広げる製品。

 37V型・32V型のテレビ部にはともに、コントラスト比1,200:1、輝度約450cd/m2、視野角176度、応答速度6m秒、4波長バックライト採用の「ブラックASV液晶パネル」を搭載。チューナーは、地上アナログに加え、地上・BS・110度CSデジタルに対応し、テレビ部のみで各種放送が楽しめるのが特徴となっている。

 接続端子には、HDMI入力を始め、D4入力×2、Sビデオ×2、コンポジット×4を装備。また、PCとの接続にはデジタル入力のDVI-I端子を用意する。

 一方のPC部には、Core Duo T2300(1.66GHz)を搭載した「PC-AX100M」と、Celeron M 420(1.60GHz)を搭載した「PC-AX50M」の2機種を用意。PC-AX100Mには、デジタルチューナが内蔵されており、約500GバイトHDDにハイビジョン放送をまるごと録画できるのが特徴となっている。なお、両機種ともにテレビ部で受信したデジタル放送を録画することはできないため、アナログチューナーのみ内蔵のPC-AX50Mではデジタル放送の録画ができないので注意が必要だ。

 PC部の主なスペックは以下のとおり。

●ハイビジョン録画タイプ「PC-AX100M」
・CPU:Core Duo T2300(1.66GHz)
・メモリ:1Gバイト(最大2Gバイト、DDR2-533 PC2-4200、デュアルチャネル対応)
・HDD:500Gバイト(Serial ATA/150)
・光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ(DVD±R 2層書き込み対応)
・チューナー:BSデジタル/110度CSデジタル/地上デジタル、地上アナログ/CATV
・OS:Windows XP Home Edition

●地上アナログ録画タイプ「PC-AX50M」
・CPU:Celeron M 420(1.60GHz)
・メモリ:512Mバイト(最大2Gバイト、DDR2-533 PC2-4200対応)
・HDD:250Gバイト(Serial ATA/150)
・光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ(DVD±R 2層書き込み対応)
・チューナー:地上アナログ/CATV
・OS:Windows XP Home Edition
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top