バッファロー、11b/g APと11aクライアント間に設置する無線LAN中継機「WRP-AMG54」を発売 | RBB TODAY

バッファロー、11b/g APと11aクライアント間に設置する無線LAN中継機「WRP-AMG54」を発売

IT・デジタル その他

WRP-AMG54
  • WRP-AMG54
 バッファローは、アクセスポイントからの電波出力を強化して通信状況を向上させる無線LAN中継機「WRP-AMG54」を5月中旬に発売すると発表した。メーカ希望小売価格は10,920円(税込み)。

 アクセスポイントとクライアントの間に設置することで、通信の妨げとなる障害物を回避できるのが最大の特徴だ。また、電波の混雑による通信状況の悪化を回避するためにIEEE802.11g、IEEE802.11aの2規格が使い分けられていて、アクセスポイントからWRP-AMG54までは11g規格、WRP-AMG54からクライアントまでは11a規格で通信する。そのため、アクセスポイントは11b/g規格、クライアントは11a規格対応のものでなければならない。

 無線LANセキュリティ機能は、WEP(64bit、128bit)、WPA-PSK(AES、TKIP)の4方式が利用可能。アクセスポイント側とクライアント側にそれぞれ別の方式を使って通信を暗号化できるほか、両通信の暗号化に使われるパスワードを同一のものに設定できる。

 バッファロー独自の無線LAN設定自動化機能「AOSS」や無線LAN通信高速化技術「フレームバーストEX」が搭載されている。また、NTT東日本/西日本のフレッツIPv6サービスにも対応している。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top