松下、250GバイトHDD内蔵のCATV向けデジタルセットトップボックス「TZ-DCH2000」 | RBB TODAY

松下、250GバイトHDD内蔵のCATV向けデジタルセットトップボックス「TZ-DCH2000」

IT・デジタル テレビ

TZ-DCH2000
  • TZ-DCH2000
 松下電器産業は、ハイビジョン放送のデジタル録画がセットトップボックス(STB)のみで行える、HDD内蔵CATVデジタルSTB「TZ-DCH2000」を5月に発売する。

 TZ-DCH2000は、従来モデルである「TZ-DCH1000」のデータ放送対応、電子番組ガイド(EPG)機能、インターネット対応などの基本機能や、ケーブルモデム搭載による双方向機能といったスペックをそのままに、250GバイトHDDを内蔵したモデル。本製品について同社では、「STBだけでHD映像のデジタル録画を可能にすることで、CATV局においては新規加入者の獲得や増加など、そして加入済のユーザーには新しい機能でより高い付加価値を提供します」としている。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top