マイクロソフトの「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」がWinnyウィルスに対応 | RBB TODAY

マイクロソフトの「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」がWinnyウィルスに対応

エンタープライズ その他

 マイクロソフトは、ワーム駆除ツール「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」が「Antinny」に対応したと発表した。今のところ43種類のワームに対応している。

 Antinnyは、Winnyを経由して感染を広げる“暴露ウイルス”。感染するとPC上のドキュメントファイルをWinnyのネットワークに公開する。最近、Winnyを経由した情報の流出が相次いでいるが、このウイルスが原因となっている。

 Antinnyに対応した悪意のあるソフトウェアの削除ツールは、Windows Updateによる自動更新のほか、Webサイトからダウンロードできるようになっている。
《安達崇徳》

特集

page top