NTTドコモ、FOMAプラスエリアに対応したCF型データ通信カードを発売 | RBB TODAY

NTTドコモ、FOMAプラスエリアに対応したCF型データ通信カードを発売

ブロードバンド その他

 NTTドコモは、FOMAのCF型データ通信カード「P2403」を3月22日から販売する。「FOMAプラスエリア」にも対応するため、山間部などを中心にこれまでよりも広いエリアで利用できる。
  •  NTTドコモは、FOMAのCF型データ通信カード「P2403」を3月22日から販売する。「FOMAプラスエリア」にも対応するため、山間部などを中心にこれまでよりも広いエリアで利用できる。
 NTTドコモは、FOMAのCF型データ通信カード「P2403」を3月22日から販売する。「FOMAプラスエリア」にも対応するため、山間部などを中心にこれまでよりも広いエリアで利用できる。

 下り最大384kbpsのパケット通信のほか、64kbpsの回線交換方式、PCに専用のソフトをインストールすることで、テレビ電話が利用できる。また、現行モデルのFOMA P2402と比べて、待ち受け時の電力が最大42%削減されている。
《安達崇徳》

関連ニュース

特集

page top