ベル研、107Gbpsの光信号の伝送に初めて成功。100Gbps Ethernet over Opticalで躍進 | RBB TODAY

ベル研、107Gbpsの光信号の伝送に初めて成功。100Gbps Ethernet over Opticalで躍進

エンタープライズ その他

 ルーセント・テクノロジーの研究開発部門であるベル研究所は9日、アナハイムで開催されている国際会議および展示会Optical Fiber Communication Conference&Exposition(OFC)において発表した論文で、107Gbpsのビットレートを提供する光信号の伝送に初めて成功したことを発表した。

 これまで85.4Gbpsを超える速度で、電気的に多重化された光信号を高速伝送したという報告例はなかった。同研究所では、シングルチップのフォトニックICとして開発された光イコライザなどを利用し、電気的に多重化され光変調された107Gbpsのトラフィックを、10チャンネル多重して400kmの光ファイバ上を伝送した。

 ベル研究所は、107Gbps(100Gbpsのデータに加え、エラー訂正用に7%のオーバーヘッドを付与)のEthernet over Opticalデータストリームの送受信、長距離伝送、スイッチングを行う技術とアーキテクチャの開発を目指して研究を進めている。

 ルーセントテクノロジーでは、今回の成果を、MAN(Metropolitan  Area Network)のように、Ethernetのデータ伝送速度が100Gbpsとなる市場の展開において、非常に画期的な躍進につながる重要な技術と位置づけている。
《竹内充彦》

関連ニュース

特集

page top