NTT東日本、フレッツサービスにてセッション数の追加オプションを提供 | RBB TODAY

NTT東日本、フレッツサービスにてセッション数の追加オプションを提供

 NTT東日本は、フレッツ・ADSLとBフレッツにてセッション数を追加するオプションサービス「フレッツ・セッションプラス」の提供を2月14日(火)から開始する。初期費用は2,100円、利用料金は月額315円。

ブロードバンド その他
 NTT東日本は、フレッツ・ADSLとBフレッツにてセッション数を追加するオプションサービス「フレッツ・セッションプラス」の提供を2月14日(火)から開始する。初期費用は2,100円、利用料金は月額315円。

 フレッツ・ADSLとBフレッツでは、これまでビジネスタイプは4つ、そのほかは2つまでのセッションしか接続できなかった。フレッツ・セッションプラスでは、これが追加できるようになる。

 同社では、企業ではIP-VPNの利用、家庭ではフレッツ・スクウェアと複数ISPへの同時接続などを想定しているとしている。

■Bフレッツ
●ビジネスタイプ、ビジネスタイプ アドバンスドサポート、ビジネスタイプ「ひかり電話ビジネスタイプ」対応
 基本セッション数:4
 追加可能なセッション数:16
 最大セッション数:20
●ベーシックタイプ、ベーシックタイプ アドバンスドサポート、ベーシックタイプ 「ひかり電話ビジネスタイプ」対応
 基本セッション数:2
 追加可能なセッション数:8
 最大セッション数:10
●ハイパーファミリータイプ、ニューファミリータイプ、ファミリータイプ、マンションタイプ、ビルタイプ、ワイヤレスタイプ
 基本セッション数:2
 追加可能なセッション数:3
 最大セッション数:5

■フレッツ・ADSL
●ビジネスタイプ
 基本セッション数:4
 追加可能なセッション数:6
 最大セッション数:10
●モアIII、モアII、モア、8Mタイプ、1.5Mタイプ、エントリー
 基本セッション数:2
 追加可能なセッション数:3
 最大セッション数:5
《安達崇徳》

関連ニュース

特集

page top