アルファデータ、年配者をターゲットにした7型液晶搭載ポータブルカードメディアプレーヤー | RBB TODAY

アルファデータ、年配者をターゲットにした7型液晶搭載ポータブルカードメディアプレーヤー

 アルファデータは、7型液晶搭載のポータブルカードメディアプレーヤー「思い出メディアプレイヤー」を2月上旬に同社ホームページで販売を開始すると発表した。

IT・デジタル その他
 アルファデータは、各種メディアカードに記録した動画、静止画、サウンドの各データをタイマー機能により指定時刻に再生できる7型液晶ディスプレイ搭載ポータブルカードメディアプレーヤー「思い出メディアプレイヤー」を2月上旬に同社ホームページで販売を開始すると発表した。価格は57,500円。

 「思い出メディアプレイヤー」は6メディアカードに対応するスロットを備え、各種カードに記録されたMPEG/MJPEG動画、JPEG静止画、MP3サウンドがPCを使わず単独再生ができるポータブル・カードメディア・プレイヤー。

 毎日定時に再生が可能なタイマー機能を追加し、さらにカードメディアへの動画データの書き込みをビジネス化すべく、初回限定動画データ無料書き込みサービス付き128Mバイトのコンパクトフラッシュカード1枚をセットし、使用法を「思い出の再生」に特化して提案するコンセプト製品として販売する。

 仏壇の傍に設置し日課である日々の仏事の時間に故人の遺影を再生するといった使い方や、可愛がっていたペットなどのモニュメンタル映像の再生、離れて住む孫などから届くムービーレター再生、家宝やコレクション鑑賞、デジカメサークルなどで重宝するフォトビューアー、各種稽古事の練習、家族の声や好きな歌などで起こしてくれる目覚まし時計など、シチュエーションに応じた具体的な使用例を提案して販売していくという。

 初回限定動画データ無料書き込みサービスの記録時間は約10分。より長い時間の動画データ無料書き込みを希望するユーザーに対しては5,000円の追加で約50分の記録時間を持つ512Mバイトのコンパクトフラッシュカードへ交換し、同様に動画データの無料書き込みを行うという。

 また同社では、メディアカードへの動画データ記録サービスを継続して行っていくためには、地域に密着した展開が必須であると考えており、年配層との対面応対が必須であるという観点から、カードメディアのデータ書き込みサービスを継続的に行える地域密着業者を販売代理店として募集していくという。

 対応メディアカードは、コンパクトフラッシュ(Type I/II)、マイクロドライブ、マルチメディアカード、SDメモリーカード、スマートメディア、メモリースティック、メモリースティックPro、メモリースティックDuo(要アダプタ)。再生AVフォーマットは、MPEG1/2/4、MJPEG(AVI)、JPEG、MP3(ビットレート96〜320kbps)。
《竹内充彦》
page top