ライブドア、粉飾決算などの調査結果について「資料が不十分で公表できない」 | RBB TODAY

ライブドア、粉飾決算などの調査結果について「資料が不十分で公表できない」

ブロードバンド その他

 ライブドアとライブドアマーケティングは、東京証券取引所(東証)から証券取引法違反と粉飾決算の疑いがあることに関して求められていた情報開示について、調査結果を報告した。なお、東証はこれを不十分だとして21日付で両社の株式を“開示注意銘柄”に指定した。

 具体的には、東証は両社に対して、マネーライフ社/ロイヤル信販/キューズ・ネット買収時における株式分割の経緯や証券取引法違反、粉飾決算の有無に関する認識を示すように求めている。

 これについて両社では、株式分割に関しては単価を下げることで株主の数を増やすと同時に、ポータルサイト「livedoor」のユーザも増やすことを目的に行ったと説明。実際にその効果が現れ、ポータルサイトでは後発だったにも関わらず、ユーザを飛躍的に増やすことに成功したとしている。

 しかし、各社を買収した際の詳細なスキームや、粉飾決算については、関連資料が押収されたため、調査結果が公表できる段階にはないとしている。
《安達崇徳》
page top