楽天、サッカーをテーマにしたライフスタイル・マガジンを創刊 | RBB TODAY

楽天、サッカーをテーマにしたライフスタイル・マガジンを創刊

 楽天のポータル・メディア事業カンパニーは、インターネットと雑誌のメディアミックスをめざし、出版事業に乗り出す。その第1弾として、サッカーを軸にしたライフスタイル・マガジン「STAR soccer」を創刊する。

エンタメ スポーツ
楽天が創刊する新雑誌「STAR soccer」を手にした三木谷浩史社長(右)と、元・サッカー日本代表の北澤豪氏(中央)、鹿野淳編集長(左)
  • 楽天が創刊する新雑誌「STAR soccer」を手にした三木谷浩史社長(右)と、元・サッカー日本代表の北澤豪氏(中央)、鹿野淳編集長(左)
 楽天のポータル・メディア事業カンパニーは、インターネットと雑誌のメディアミックスをめざし、出版事業に乗り出す。その第1弾として、サッカーを軸にしたライフスタイル・マガジン「STAR soccer」を創刊する。

 まず1月12日に販売力のある「SPA!」の増刊号(2月12日号)として約10万部を発行したのち、2月25日に4月号として正式に創刊する。以後は月刊誌として、毎月25日に発売する予定だ。発行は楽天、販売は扶桑社。価格は690円。

 1月11日に開かれた記者発表会では、冒頭で楽天の三木谷浩史社長が挨拶し、「我々が中心になって出版する初めての雑誌になる。サッカーはワールドスポーツであり、世界のいろいろな地域でカルチャーと結付いている。そこで今回、創刊する新雑誌では、今までのサッカー雑誌がやっていない、サッカーとライフスタイル、カルチャーを融合させた内容にする」などと語った。

 2006年はドイツ・ワールドカップが開かれる「サッカー・イヤー」だ。サッカーを主役にしたさまざまなムーブメントが起こるだろう。そんななか、既存のサッカー雑誌は競技情報をメインに据え、コアなサッカーファンを対象にしたものがほとんどだ。そこで新雑誌では競技としてのサッカーだけでなく、音楽や映画などのカルチャーにもスポットを当てた差別化戦略をとる。

 たとえばサッカー選手と音楽アーティストとの対談や、サッカーのクラブチームが人々の生活に根付いている都市のガイドなど、サッカーをキーワードに幅広い層へのアピールを狙っている。

 また同社では紙媒体だけでなく、Webとモバイルを加えた3つのメディアミックス戦略を考えている。すでに公式Webサイトを開設しているほか、たとえば「楽天市場」などで同誌の関連サイトを立ち上げ、雑誌からWebにコンシューマを誘導、物販などもからめた展開を行う。

 このほか1月11日に開かれた記者発表会では、元・サッカー日本代表の北澤豪氏が登場し、同誌編集長の鹿野淳氏の司会で三木谷社長も交えたトークショーが開かれた。

 北澤氏は、「今年はワールドカップ・イヤーで、サッカーの世界の周期としては人気の最高点になる。ワールドカップが終わったあと、サッカー文化をより日本に根付かせたいと思う」などと語った。
《松岡美樹》

関連ニュース

特集

page top