4th MEDIAの海外サッカー配信がパワーアップ〜日本人所属チームの試合を無料配信 | RBB TODAY

4th MEDIAの海外サッカー配信がパワーアップ〜日本人所属チームの試合を無料配信

エンタメ スポーツ
 2006年サッカーワールドカップに向け、中田英寿、中村俊輔など海外の日本人プレイヤーを応援しよう。

 ぷららネットワークスは、中田英寿選手所属のボルトン(イングランド)、中村俊輔選手所属のセルティック(スコットランド)、松井大輔選手所属のル・マン(フランス)および中田浩二選手所属のマルセイユ(フランス)の試合映像等を「4th MEDIAサービス」上で配信する。

 上記の4チームの放送権をもつ、「ボルトンチャンネル」「セルティック」「ル・マン」「マルセイユ」のホーム&アウェイの全試合の映像について「IP向け日本国内独占配信権」を新たに獲得した。11月下旬以降、準備が整い次第配信を開始する。

 また「4th MEDIAに加入して日本人プレイヤーを応援しよう!キャンペーン」として、今回新たに配信権を取得した各タイトルを含め、「セリエA」「ACミランチャンネル」(イタリア)、「エールディビジ」(オランダ)、「THE FA CUP」(イングランド)、「Jリーグ」(日本)の従来チャンネルの全サッカータイトルを、2006年のワールドカップ終了後(2006年7月31日)まで「4th MEDIAサービス」の会員向けに無料で提供する(生中継をはじめとした一部タイトルについては、「4th MEDIA サービスレギュラープラン」のお客様のみ視聴可能)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top