クラシックレーベル「NAXOS」が月1,890円の音楽配信サービスを開始 | RBB TODAY

クラシックレーベル「NAXOS」が月1,890円の音楽配信サービスを開始

エンタメ その他

 クラシックの世界的なレーベルとして知られるNAXOS(ナクソス)は11月15日、日本において音楽配信サービス「ナクソス・ミュージック・ライブラリー」を開始した。運営はナクソス・デジタル・ジャパンがサービスが行う。

 利用料は月額1,890円で、会員は20レーベル、950人の作曲家、延べ165,000トラック以上の音源を128kbps(WMA)のCD音質で全曲再生することが可能。また、百科事典並みの音楽データベースも提供されており、楽曲の検索は作品名・作曲家名・演奏者名・時代・国・作曲年・カタログ番号等から可能。さらに、日本版独自の拡張機能により初心者にも楽しめるよう配慮されているという。

 同サービスは、すでに海外ではサービスされており、ハーバード、オックスフォード、トロント等の大学をはじめとする500以上の教育機関に導入されるという実績をもつ。ナクソス・デジタル・ジャパンでは、日本市場においても教育機関のほか、音楽教室、図書館や音楽ホール等の公共施設、音楽ライターやジャーナリスト、演奏家等の専門家、さらにクラシック愛好家の個人を対象にサービスを展開していくとしている。

 「NAXOS」は、香港在住のドイツ人実業家で自らクラシック音楽愛好家であったクラウス・ハイマンにより設立されたレーベルで、1987年に「価値合理性」と「消費者本位」を理念にスタート。廉価版CDの制作や販売を展開し、「クラシックの百科事典」と呼ばれる膨大なカタログを作り上ている。

 同サービスでは15秒間無料で利用できる「Preview」を用意しているので、まずはこちらから試してみてはいかがだろうか。
《編集部》
page top