ヤフー、各種サービスから送られるメールをドメイン認証「DomainKeys」に対応 | RBB TODAY

ヤフー、各種サービスから送られるメールをドメイン認証「DomainKeys」に対応

エンタープライズ その他

 ヤフーは31日、ユーザーに対するフィッシング詐欺対策の強化を目的として、「Yahoo!オークション」や「同 アラート」など、Yahoo! JAPANの一部のサービスから送信されるメールにおいて、12月から順次、送信元ドメイン認証「DomainKeys」に対応する予定だと発表した。

 さらに、将来的にはドメイン認証の結果を元に、Yahoo! JAPANの各サービスや「DomainKeys」に対応した企業・団体から送信されたメールに、「Yahoo!メール」上でメールの安全性を確認できるアイコンを併せて表示するなど、ドメインや送信者欄の詐称が一目で判別できるような機能追加を検討しているという。加えて、そのほかのサービスについても順次「DomainKeys」対応を進めていくほか、金融機関などフィッシング詐欺の対策を重視している業界へのドメイン認証技術対応の働きかけも行っていくとしている。

 また、11月にはあらたな迷惑メール対策として、迷惑メールの送信規制手法の導入が予定されている。これは、受信したメールの迷惑メール判定を行う技術「迷惑メールフィルター」を応用したもので、「Yahoo!メール」のアカウントIDより大量に送信されるメールの通数に閾(しきい)値を設定し、「Yahoo!メール」を悪用して送信されている迷惑メールを効果的に遮断するという。同社ではこれにより、迷惑メールの送信数が現在の半分以下に抑えられるとしている。
《村上幸治》

特集

page top