バッファロー、従来製品を世界標準802.11aに対応させるファームウェアをリリース | RBB TODAY

バッファロー、従来製品を世界標準802.11aに対応させるファームウェアをリリース

IT・デジタル その他

 バッファローは、従来の製品を世界標準のIEEE 802.11a(W52)に対応させるファームウェアを10月21日から配布すると発表した。

 これまで日本国内では、IEEE 802.11aにおいては5.17GHzから5.23GHzの4チャンネルが割り当てられていた(J52)。しかし世界標準に合わせるため、電波法の省令が改正、5.18GHzから5.32GHzの8チャンネル分(W52)に変更された。

 今回リリースされたファームウェアでは一部のJ52対応製品が対象で、これによりW52のうち、5.18GHz〜5.24GHzの4チャンネル分が利用できるようになる。

 なおこのファームウェアを適用すると、J52には戻せなくなる。

●BBルータアクセスポイント
 WHR2-A54G54、WHR3-AG54
●法人向けアクセスポイント
 WLM2-A54G54/HA、WLM2-A54G54/H、WLM2-A54G54、WLAH-A54G54
●無線LANカード WLI-CB-AG54L

●11月以降のファームウェアリリース
 WER-A54G54、WER-AG54、WLI-CB-AG54、WLI2-TX1-AG54
《安達崇徳》

特集

page top