ソニー、法人向けVAIOノート「Type F biz」にCeleron M搭載の廉価モデル3機種を追加 | RBB TODAY

ソニー、法人向けVAIOノート「Type F biz」にCeleron M搭載の廉価モデル3機種を追加

IT・デジタル ノートPC

 ソニーは、15.4型WXGA液晶ディスプレイを搭載した法人向けA4サイズVAIOノート「Type F biz」のラインアップに、Celeron M 360(1.4GHz)を搭載した新モデル3機種を追加し10月24日に発売する。

 今回追加されるのは、IEEE802.11b/g準拠の無線LAN搭載モデル「VGN-FS92PS3」と、無線LAN非搭載モデル「VGN-FS92PS4A」「VGN-FS92S5A」の3機種で、価格はすべてオープン。

 3機種はいずれもCPUに「Celeron M 360」を採用し、メインメモリを既存モデルの半分である256Mバイトに抑えた廉価モデル。そのほかのスペックは既存のType F bizとほぼ同等なもので、ディスプレイに15.4型WXGAクリアブラック液晶が採用されているほか、HDDが40Gバイト、インターフェースにUSB2.0×3やi.LINK、Ethernet、FeliCaポート、メモリースティックスロット、PCカードスロットを備える。

 異なる点では、光学ドライブにPS3ではCD-RW/DVD-ROMコンボドライブ、PS4A/S5AではDVD-ROMドライブを搭載。また、OSとしてPS3/PS4AはWindows XP Professional、S5Aは同Home Editionがプリインストールされている。

 本体サイズおよび重さはすべて共通で、幅364×奥行き264.5×高さ25.4〜36.4mmで約2.85kg。バッテリー駆動時間は付属のバッテリーで約2時間、オプションのバッテリーパック(L)では約3時間(JEITA)としている。
《村上幸治》

特集

page top