サン電子、カーステレオでiPodを楽しめるFMトランスミッターを発売 | RBB TODAY

サン電子、カーステレオでiPodを楽しめるFMトランスミッターを発売

IT・デジタル その他

 サン電子は、iPod専用の車載用FMトランスミッター「FMIP-301」を11月7日に発売する。iPodシリーズのうちDockコネクタを持つ機種に対応し、自動車のシガーソケットから電源供給しつつ、iPodへの自動充電機能を持つほか、エンジンの始動・停止に連動してiPodの電源ON/再生/停止/電源OFFを行うオートオペレーション機能を持つのが特徴だ。

 FMIP-301は、iPodの音声をFM電波で飛ばし、車載のFMラジオで受信して車内スピーカーで視聴できるようにするFMトランスミッター。iPod専用のコネクタを装備しているため、簡単な接続と設定で気軽に音楽を楽しめる。

 送信周波数は88.1MHz/88.5MHz/88.9MHzの3種が利用でき、選局スイッチで簡単に選択できる。電源はシガーライターソケットから供給し、同時にiPodへも充電できるため、長距離ドライブでもiPodのバッテリー残量を気にする必要がない。

 またエンジン連動のオートオペレーション機能を備えているため、自動車のエンジン始動時にiPodの電源がONになり、始動数秒後にはFMIP-301の自動再生機能によりiPodが再生状態になる(ただし自動再生の機能は第3世代iPodでは動作しない)。同様に、自動車のエンジン停止時にはiPodが一時停止状態になり、それから約2分後にiPodの電源がOFFになる。ただし、オートオペレーション機能はシガーライターソケットに供給される電源がイグニッションキー連動でON/OFF する自動車に限って利用できる。

 発売は11月7日から、価格はオープンプライス。
《小笠原陽介》

特集

page top