押尾コータローらが「SHAKE THE MUSIC LIVE」でミニトークショー | RBB TODAY

押尾コータローらが「SHAKE THE MUSIC LIVE」でミニトークショー

エンタメ 音楽

BS朝日とUSENの共同イベント「SHAKE THE MUSIC LIVE」で挨拶した押尾コータローら出演陣。
  • BS朝日とUSENの共同イベント「SHAKE THE MUSIC LIVE」で挨拶した押尾コータローら出演陣。
 BS朝日とUSENは9月29日、小椋佳、押尾コータロー、中西保志&Zero、川嶋あいによるライブイベント「SHAKE THE MUSIC LIVE」を共同開催した。ライブの前には押尾コータローら出演者により、ミニトークショーが開かれた。

 トークショーの冒頭では、BS朝日の制作担当部長、時岡敬氏が挨拶。「この企画は本当の意味で放送と通信のさきがけだ。弊社が作った番組をUSENさんに提供するのではなく、両社が互いに同じ素材を使う。海外のアーティストにも出てほしいと考えている」と語った。

 またUSEN取締役でGyaO編成局担当の高垣佳典氏は、「テレビは動く絵があっていいなあ、という思いは以前からあった。弊社はGyaOを立ち上げたので、これで動く絵が使えるようになった。そのいいタイミングでBS朝日さんと出会えた」などと意気込みを語った。

 続いて出演アーティストたちが次々に挨拶に立った。トップバッターの押尾コータローは、「いまは歌物の音楽が多い中、(僕のような)インストロメンタルは孤立している感じがあるが、今日は歌物のみなさんといっしょにステージに立ててとてもうれしい」とステージ前の感想を述べた。

 次に中西保志は新企画のコンセプトにふれ、「このイベントは新しいメディアを作る試みだ。リスナーが身近に音楽を聴ける場を作るトライであり、僕らアーティストが活躍する場を創造する試みでもある」などと語った。

 また韓国のアーティストであるZeroは、「すばらしいアーティストたちとコラボレートできてうれしい。今後も日本で活動していきたい」と抱負を述べた。

 最後に挨拶した川嶋あいは、「私はストリートミュージシャンとしてずっとライブをやっていた。こんな新企画の第1回目に呼んでもらえてとても感謝している」などと語った。
《松岡美樹》

関連ニュース

特集

page top