東芝、0.85型の4GバイトHDDを搭載したムービーカメラ「gigashot V10」 | RBB TODAY

東芝、0.85型の4GバイトHDDを搭載したムービーカメラ「gigashot V10」

IT・デジタル デジカメ

gigashot V10
  • gigashot V10
 東芝は、4Gバイトの0.85型HDDと500万画素CCDを搭載したムービーカメラ「gigashot V10」を10月21日に発売する。本製品はWeb直販サイト「shop1048」(http://shop1048.jp/)の専用モデルで、9月28日に予約受け付けを開始した。直販価格は59,800円。

 gigashot V10は、静止画有効画素数500万画素、動画有効画素数約250万画素のCCDを搭載したムービーカメラ。記録メディアは、4GバイトのHDDのほか、SDメモリーカードスロットを備える。HDDには、最高画質で約1時間25分、最長約4時間の動画を撮影することが可能だ。静止画では、約500万画素の写真で約3,000枚を記録できる。

 動画用の録画ボタンと写真用のシャッターボタンを別々に備えており、モードを切り替えることなく、動画と静止画をそれぞれ撮影可能。また、動画撮影中の動きを予測して手ブレを補正する新アルゴリズムを採用した、手ブレ補正機能「Shake Estimator」を搭載。さらに、撮影した動画のズームアップや、動画の中から静止画を切り出すことも行える。

 光学5倍ズームレンズを搭載し、35mm判換算の撮像画角は38〜190mmに相当。レンズの明るさは、F3.3〜F3.4。

 背面には親指で回せるジョグダイヤルを装備し、片手でも操作OK。そのほか、2.0型の液晶ディスプレイを開けると電源が入り、約4秒で撮影が可能になるという。
《高柳政弘》

特集

page top