マイクロソフト、キヤノンと次期OS「Windows Vista」の色情報管理システムを共同開発 | RBB TODAY

マイクロソフト、キヤノンと次期OS「Windows Vista」の色情報管理システムを共同開発

IT・デジタル デジカメ

 マイクロソフトは14日、キヤノンと映像処理技術分野における戦略的技術提携に合意した、と発表した。これにともない、キヤノンの次世代カラーマネジメント技術「Kyuanos(キュアノス)」をベースに開発された色情報管理システム「Windows Color System」が、マイクロソフトの次期OS「Windows Vista」に搭載されることとなった。

 Windows Color Systemは、Windows Vistaを構成するモジュールのひとつで、より忠実で一貫した色情報管理を実現するものだという。同システムには、モニター画面の表示色を忠実に再現して印刷するカラーマッチング機能や、照明光の影響で生ずる色の見え方の違いを補正する機能を装備しており、高画質化・高機能化が進むデジタルカメラやプリンターなどの入出力機器の能力を引き出し、さらなる高品位印刷を行うための環境を提供するとしている。

 同システムのベースとなったKyuanosは、入出力機器ごとに異なる発色の特性を補正して、一貫した色再現を実現するためのインフラとなるもの。色情報の多ビット化やマルチカラーチャネルへの対応、次世代の拡張色空間の採用などにより、さらに高いレベルで忠実かつ豊かな色表現を実現するという。また、集約されたカラーコントロールパネルや、使いやすいモニター・キャリブレーション・ウイザードを採用するなど、従来のシステムと比べ使い勝手が大幅に改善されているようだ。

 今後も両社では、Windows Vistaの開発スケジュールにあわせて引き続き協業を進めるとしており、次世代のWebサービス技術に対応した製品の投入や、XML規格の電子文書フォーマットの提供などを相互に行っていくという。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top