MARS FLAG、ユーザの「気持ち」をもとに検索する新機能「つなケン」を追加 | RBB TODAY

MARS FLAG、ユーザの「気持ち」をもとに検索する新機能「つなケン」を追加

エンタメ その他

 マーズフラッグが運営するインターネット検索エンジン「MARS FLAG」が、新機能「つなケン」を追加した。同社独自の検索アルゴリズムにより、言葉では表現しにくいユーザの嗜好や好みで検索することを可能にしている。

 たとえばお腹がすいたとき、まず「食事」をキーワードに検索したとしよう。するとその検索結果の画面上に、「つなケン」ボタンがあらわれる。

 次にそのボタンを押すと、「食事」というアバウトなキーワードから、さらに一歩踏み込んだ検索結果が登場する。たとえば「外食がしたい」というユーザの気持ちに、より近い結果が表示されるのだ。

 こうして検索しているうちに、だんだん「肉が食べたく」なってきた。すると次の検索結果では、肉料理を出す店が表示される。ユーザ自身の考えや思いに沿い、よりパーソナライズされた結果が得られるのである。

 同社では今夏、3つの「サプライズ」を発表すると宣言している。その第一弾が7月19日に打ち出した、検索結果が画面上に飛び出すバージョンアップ「飛び出す」だった。そして第二弾が今回の「つなケン」。同社によれば9月、10月にも、新しい「サプライズ」を提供するとのことだ。
《松岡美樹》

特集

page top