デノン、AVサラウンドアンプのエントリーモデル2機種 52,500円から | RBB TODAY

デノン、AVサラウンドアンプのエントリーモデル2機種 52,500円から

IT・デジタル その他

AVC-1920
  • AVC-1920
  • AVC-1620
  • AVC-1920の背面
  • AVC-1620の背面
 デノンは8日、AVサラウンドアンプのエントリーモデル「AVC-1920」「AVC-1620」を発表した。本体カラーは、従来モデル「AVC-1890」「AVC-1890」のシャンパンゴールドからプレミアムシルバーに変更。価格および発売日は、AVC-1920が78,750円で8月中旬発売、AVC-1620が52,500円で9月中旬発売。

 両機種とも信号処理には、32ビットフローティングタイプDSP(第3世代SHARC)を採用し、全チャンネル同一の7chパワーアンプを搭載。フロントチャンネルのバイアンプ駆動が可能なサラウンドバックチャンネルのアサイン(割り当て)機能を備えている。DIR(デジタルインターフェースレシーバー)は、24ビット/96kHz対応。

 さらに、AVC-1920にはオートセットアップ機能+ルームEQ機能を、AVC-1620にはオートセットアップ機能を搭載し、付属のマイクによりスピーカーの特性に合わせた調整が手軽にできるようになった。

 シャーシとの一体性を高めた構造やアルミ押出し材の大型ヒートシンクを採用、振動や放熱を効果的にコントロールし安定した動作と音質への影響に配慮している。

 サラウンドフォーマットは、DTS-ES、DTS96/24、DTS Neo:6、DTS、Dolby Digital EX、Dolby Digital、Dolby Pro Logic IIx、AACに対応する。

 主なスペックは以下のとおり。

●AVC-1920

 AVC-1920の定格出力は、フロントが100W+100W、センターが100W、サラウンドが100W+100W、サラウンドバックが100W+100W。最大出力は、フロントが150W+150W、センターが150W、サラウンドが150W+150W、サラウンドバックが150W+150W。

 オーディオ入力は、アナログ9系統(Phono入力を含む)、6chアナログ入力1系統、光デジタル4系統、同軸デジタル2系統。オーディオ出力は、レックアウト3系統、8chプリアウト1系統、光デジタルアウト1系統。ビデオ入力は、コンポジット5系統、S端子5系統、D4端子3系統。ビデオ出力は、コンポジット3系統、S端子3系統、D4端子1系統を備える。

 本体サイズは幅434×高さ171×奥行き417mm、重さは12.8kg。


●AVC-1620

 AVC-1620の定格出力は、フロントが80W+80W、センターが80W、サラウンドが80W+80W、サラウンドバックが80W+80W。最大出力は、フロントが135W+135W、センターが135W、サラウンドが135W+135W、サラウンドバックが135W+135Wとなる。

 オーディオ入力は、アナログ8系統、6chアナログ入力1系統、光デジタル2系統、同軸デジタル2系統。オーディオ出力は、レックアウト2系統、8chプリアウト1系統、光デジタルアウト1系統。ビデオ入力は、コンポジット4系統、S端子3系統、D4端子3系統。ビデオ出力は、コンポジット2系統、S端子2系統、D4端子1系統を用意する。

 本体サイズは幅434×高さ147×奥行き417mm、重さは11.3kg。
《高柳政弘》

特集

page top