デノン、ミドルクラスのプリメインアンプとSACD/CDプレーヤー | RBB TODAY

デノン、ミドルクラスのプリメインアンプとSACD/CDプレーヤー

IT・デジタル その他

 デノンは、ミドルクラスのプリメインアンプ「PMA-1500AE」とSACD/CDプレーヤー「DCD-1500AE」を9月上旬に発売する。価格はともに84,000円。
  •  デノンは、ミドルクラスのプリメインアンプ「PMA-1500AE」とSACD/CDプレーヤー「DCD-1500AE」を9月上旬に発売する。価格はともに84,000円。
  • DCD-1500AE
 デノンは、ミドルクラスのプリメインアンプ「PMA-1500AE」とSACD/CDプレーヤー「DCD-1500AE」を9月上旬に発売する。価格はともに84,000円。

 PMA-1500AEは、同社の大電流増幅素子「UHC-MOSシングルプッシュプル」による出力段を持つとともに電源回りを強化、UHC-MOSの高いドライブ能力を引き出したステレオプリメインアンプ。また、使用部品が全面的に見直され、上級機種に迫るパフォーマンスを実現したとしている。

 DCD-1500AEは、「AL24 Processor」を搭載し、16ビットから24ビットへのデータ拡張によるローレベルでのリニアリティの向上を図ったCDプレーヤー。また、SACDの再生機能を搭載するほか、同社オリジナルドライブメカの採用や、上級機種の設計ノウハウを詰め込んだDACマスターのクロックデザインなど、高音質設計技術が多く盛り込まれている。
《村上幸治》

特集

page top