キヤノン、マリア・シャラポワをDVカメラのCMキャラクターに起用 | RBB TODAY

キヤノン、マリア・シャラポワをDVカメラのCMキャラクターに起用

IT・デジタル デジカメ

キヤノンDVカメラのイメージキャラクターに起用されたマリア・シャラポワ
  • キヤノンDVカメラのイメージキャラクターに起用されたマリア・シャラポワ
  •  キヤノン販売は28日、デジタルビデオカメラ「IXY DV M5」「IXY DV S1」「DC20」「DC10」のイメージキャラクターに、女子プロテニスプレーヤーのマリア・シャラポワを起用すると発表した。
 キヤノン販売は28日、8月下旬から順次発売するデジタルビデオカメラ「IXY DV M5」「IXY DV S1」「DC20」「DC10」のイメージキャラクターに、女子プロテニスプレーヤーのマリア・シャラポワ(Maria Sharapova)を起用すると発表した。

 マリア・シャラポワは、18歳の現在、WTA(世界女子テニス協会)の女子シングルスで世界ランキング第2位。国籍はロシアで、1987年4月19日生まれ。身長183cm、体重59kgで、ファッションモデルとしても活躍中。

 2004年11月に米キヤノンとワールドワイドでのパートナーシップ契約を締結しているが、日本国内での起用は本キャンペーンが初となる。国内では8月下旬から、テレビ、新聞、雑誌などを通じてキャンペーン展開を行う。

 同社は、人気と実力を兼ね備えたシャラポワを通じて、企業イメージの向上を図るとともに、ユーザーのライフスタイルにおける楽しさや便利さを実現する魅力的な商品を提供していくとしている。

 また、シャラポワを起用した理由は、同社が掲げる「デジタルビデオカメラ メジャー宣言」と同様、シャラポワが世界ランク1位という大きな目標に向かうチャレンジャーであること、またテニスプレーヤーとしての力強さとモデルとしての優美な存在感をあわせ持つところが本製品群の特徴と重なるからだという。
《高柳政弘》

特集

page top