日立、高輝度3,500ルーメンのSXGA+表示対応液晶プロジェクターなど3機種 | RBB TODAY

日立、高輝度3,500ルーメンのSXGA+表示対応液晶プロジェクターなど3機種

IT・デジタル その他

CP-SX1350J
  • CP-SX1350J
 日立製作所は、SXGA+パネル搭載の液晶プロジェクター「CP-SX1350J」(3,500ルーメン)、XGAパネル搭載の液晶プロジェクター「CP-X440J」(2,500ルーメン)および「CP-RX60J」(1,500ルーメン)の計3機種を7月下旬から順次発売する。

 価格は、CP-SX1350Jが997,500円、CP-X440Jが399,000円、CP-RX60Jが169,050円。なお、CP-RX60Jのみ9月上旬発売となる。

 CP-SX1350Jは、SXGA+(1,400×1,050ドット)表示対応の液晶プロジェクター。SXGA+(147万画素)は、XGA(約79万画素)の画素数比1.9倍で、会議室ほか、ホールや講堂など広い空間での使用が可能だ。0.99型SXGA+の高開口率透過型液晶パネルを使用し、出力310Wランプの採用と光学レンズの最適化により、明るさ3,500ルーメンを実現しているという。また、電動垂直レンズシフト機構を搭載し、画質を劣化させることなく画面位置の調整が可能であり、有線LANによる液晶プロジェクターのコントロールが可能としている。さらに、オプションレンズを4種類準備しており、100型表示であれば最短1.6mから最長14.8mまで投写できる。重さは7.7kg。

 CP-X440Jは、0.7型XGAパネルを使用し、2,500ルーメンの明るさを実現したモデル。重さは3.5kg。

 CP-RX60Jは、0.6型XGAパネル搭載ながら、10万円台で購入可能なエントリーモデル。重さは2.2kg。
《高柳政弘》

特集

page top