NECアクセステクニカ、IEEE 802.11aの新チャンネルに対応した製品を発表 | RBB TODAY

NECアクセステクニカ、IEEE 802.11aの新チャンネルに対応した製品を発表

 NECアクセステクニカは、IEEE 802.11aの新チャンネルに対応した製品を発表した。アクセスポイント2機種と、PCカード型子機1機種で、いずれもオープンプライス。7月下旬から販売が開始される。

IT・デジタル その他
AtermWR7800H
  • AtermWR7800H
 NECアクセステクニカは、IEEE 802.11aの新チャンネルに対応した製品を発表した。アクセスポイント2機種と、PCカード型子機1機種で、いずれもオープンプライス。7月下旬から販売が開始される。

 あらたに販売されたのは、IEEE 802.11a/b/gが同時に利用できるアクセスポイント「AtermWR7850S」と切り替えタイプの「AtermWR6650S」、PCカード型の子機「AtermWL54SC」の3つ。また、アクセスポイントとPCカード型子機もセットで販売される。

 アクセスポイントは、それぞれAtermWR7800HとAtermWR6600HをIEEE 802.11aの新チャンネルに対応させたもの。ほかの変更点はない。一方の子機は、従来のAtermWL54AGから一新。フラットタイプに変更され、PCからのはみ出し部分が小さくなっている。

 なお、従来のチャンネルのみが利用できる機種も平行して販売される。

■価格表
●AtermWR7850S
 想定価格:15,800円
●AtermWR6650S
 想定価格:12,800円
●AtermWL54SC
 想定価格:6,800円
●AtermWR7850Sワイヤレスセット(SC)
 想定価格:17,800円
●AtermWR6650Sワイヤレスセット(SC)
 想定価格:14,800円
《安達崇徳》

特集

page top