「ほっとけない 世界のまずしさ」ホワイトバンドプロジェクト・中田英寿ら出演CM配信 | RBB TODAY

「ほっとけない 世界のまずしさ」ホワイトバンドプロジェクト・中田英寿ら出演CM配信

エンタメ その他

 「貧困を世界の優先課題とすること」を世界的規模で訴えるキャンペーンCMが、7月6日午後10時より配信開始される。
  •  「貧困を世界の優先課題とすること」を世界的規模で訴えるキャンペーンCMが、7月6日午後10時より配信開始される。
 「ほっとけない 世界のまずしさ」

 このメッセージとともに、「ホワイトバンド」を手首に巻いた著名人たちが、3秒に1回ずつ指を「パチン」と鳴らす…。「貧困を世界の優先課題とすること」を世界的規模で訴えるキャンペーンCMが、7月6日午後10時より配信開始される。主要国首脳国会議(G8)の開催に合わせたもの。

 このキャンペーンCMは「クリッキングフィルム」と呼ばれ、出演者は、カヒミ・カリィ(歌手)、北島康介(競泳選手)、桜井和寿(歌手・Mr.Children)、SHIHO(タレント/モデル)、TERU(歌手・GLAY)、中田英寿(プロサッカー選手)、中村勘三郎(歌舞伎役者)、一青窈(歌手)、藤原紀香(タレント)、Misia(歌手)、宮沢和史(歌手・THE BOOM)、村上龍(作家)、柳楽優弥(俳優)〈50音順/敬称略〉。彼らが3秒に1回「パチン」と指を鳴らす(Click)シーン、これは「3秒に1人、子どもが貧困が原因で死んでいる」という悲しい現実を伝えるメッセージだ。ただの有名人キャンペーンCMという以上に、悲しく重い現実がその背景にある。しかし、だからこそみんなで立ち向かっていこう! という強い意思表示が美しい。

 クリッキングフィルムは、キャンペーンサイトにて配信される。

 またホワイトバンドはシリコン製のバンドで、全国主要書店などにて1本300円(税込)にて発売中。オンライン販売でも購入可能だ。

 ただファッションとして身につける人もいるかもしれないが、友人達にこの思いを伝えて欲しい。そして3秒に1度、世界の現実を思い出して欲しい。

◆ホワイトバンドプロジェクト
 ホワイトバンドは制作原価に約3割、流通にかかる経費が約4割、 残りの売り上げの約3割が「世界の貧困をなくす為の活動資金」。その3割のうち、3分の2は貧困をなくすためのさまざまな普及広報活動に使われ、残りの3分の1が貧困撲滅を推進するNGO活動の基金となる。
《冨岡晶》
page top